ありがとうございます~

2017年10月16日月曜日

イチョウ

今朝は全国的に、今季一番の冷え込みになったそうです。
糸魚川も肌寒い朝を迎えました。





10月も中旬になり、各地より紅葉の便りが続々と聞こえてまいりました。
紅葉といいますと、真っ赤に色づくモミジを一番に
思い出すのではないでしょうか?

谷村美術館見頃時期のイロハモミジ

紅葉する木々でも緑から黄色に変わるイチョウも、とても綺麗ですね。



イチョウは神社・寺院の境内、庭園、街路樹に広く栽植されている
中国原産の裸子植物。
観音像のある所にしばしば老樹があるので観音像の渡来とともに
僧侶によって日本に持ちこまれたという説があるそうです。



糸魚川市真光寺集落には、白山神社境内に新潟県天然記念物に指定されている
『真光寺の大イチョウ』の大木があり
推定樹齢は600年、 目通り幹囲9m、樹高20mの大きさがあります。




写真ではおさまりきらないほどの大木で
パワーを感じるようでした・・・



そして、玉翠園・谷村美術館の受付前にありますイチョウも色づき始めています。




今年は豊作(?)銀杏もたくさん実りました。




谷村美術館出口、枯山水庭園のドウダンツツジの紅葉が見ごろを迎えますと
ドウダンツツジとイチョウの赤と黄色のコントラストが
とても素晴らしいです。


この時期ならではの紅葉鑑賞をお楽しみください。



そして、11月12日(日)は見ごろを迎えます紅葉にあわせまして
翡翠園茶室にて『翡翠園 もみじ茶会』を行います。



玉翠園・谷村美術館にて茶席券を販売しておりますので
詳しくはHPをご覧ください。

皆さまのお越しをお待ちしております。


(r)

2017年10月13日金曜日

紅葉


今日は昨日の雨でしっとり落ち着いた庭園になっています。


樹木の葉が赤や黄色に色づく紅葉の季節です。



紅葉になる条件はいくつかあるようです。
秋になって朝の気温が7度以下になると紅葉がはじまり
さらに寒い朝が20日~25日間続くといちばん綺麗になるそうです。


また、昼夜の寒暖差が大きく
日中に十分な日照があり適度な湿気があるなど
紅葉の時期は秋のお天気次第のようです。


葉の色もモミジのように赤くなるものと



イチョウの葉のように黄色になるもの様々です。


これからの庭園はどんな色で楽しませてくれるのでしょう。

他にも秋を見つけに来て下さい。



(翡翠園にて キノコ)

皆様のお越しをお待ちしています。
(I)






2017年10月9日月曜日

まが玉の神秘


今日は体育の日。
一日一日と秋が深まっています。
谷村美術館入口脇の椿が、可愛い蕾をつけています。


糸魚川の駅前には、大きなまが玉があります。

びっくりするほど大きなまが玉です。まが玉は古代の神器、装飾品です。
神話に登場する三種の神器の一種でもあり、
曲がった形をしている事からまが玉(勾玉・曲玉)と呼ばれます。
日本の古来からの祭式に関わりが深く
現代でもお守りやパワーストーンとして広く認知され販売されています。

翡翠園、玉翠園でも色々なまが玉を販売しています。

そして翡翠園の聴音舎にもまが玉が展示されております。
美しい紫色の翡翠で、来園された際にはぜひご覧になって下さい。

計り知れず、言い表せないほど不思議で神秘的なものですが
たくさんのパワーをもらって下さいね。


晴天の日の日本海と空
ご来園をお待ちしております。

(h)







2017年10月6日金曜日

取材ラッシュ


 夜ごと虫の音に深まりゆく秋を感じる頃になりました。
中秋の名月も十六夜の月も曇りで見えませんでした。


 


今日も曇りの玉翠園・谷村美術館の様子です。


秋の施設紹介で 今色々なメディアの方にお越し頂いています。
 
 
 
先日は婦人画報9月号に谷村美術館を取り上げて頂きました。
 
また、旅の手帳のライターの方も翡翠園にお見えでした。
12月号に掲載予定ですし、
9月28日には石川ラジオに紅葉状況をお伝えする番組に
電話でお話させて頂きました。
 
京都新聞・長野新聞・島根日日新聞等等掲載して頂いています。
 
そして新潟FMラジオ「ヤンの気ままにドライブ」で
玉翠園・谷村美術館を紹介する録音の様子です。
 
 
 
今月12日に放送されますのでラジオ ONにして聴いてください。
 
そして皆様がお越し下さいますようお待ちしております。
 
(H)
 


2017年10月2日月曜日

モミジ色々・・・

さあ、10月に入り紅葉シーズンの到来です。


朝晩の冷え込みが始まり
紅葉も進んで来たようです。

玉翠園

モミジをよく見ると沢山の種類があります。



ここ翡翠園は全部違うモミジが植えてあるそうです。

翡翠園は回遊式庭園となっておりますので
モミジ色々を観ながら歩いて見てはいかがでしょうか。

翡翠園


翡翠園





秋の庭園へ。
皆様のお越しをお待ちしております。

翡翠園入口

【翡翠園、玉翠園・谷村美術館HP http://gyokusuien.jp/

(N)

2017年9月25日月曜日

訪れた秋

明日、26日(火)はお彼岸明けとなります。
あれほど暑かった日々も時期が来ると過ごしやすく
秋を感じる毎日を送っています。


ジオサイトの一つである今井地区の不動滝は、高さ70m程で
3段になり豪快に流れ落ちる滝です。
滝の周辺には、公園や遊歩道、キャンプ場が整備されています。
これからしばらく楽しめそうですね。





翡翠園の小さな滝も、自然溢れるもので情緒を感じさせてくれます。


庭園内では、少しずつ秋が訪れています。


こぶしの実 春に咲くお花が楽しみです
涼しさから徐々に寒さを感じながら、初秋から晩秋へと移り変わっていく
翡翠園での散策をどうぞお楽しみ下さい。


【翡翠園、玉翠園・谷村美術館HP http://gyokusuien.jp/

(h)

2017年9月22日金曜日

秋の香り

本日の玉翠園・谷村美術館です。
明日は秋分の日ですね。
「祖先をうやまい、亡くなった人々をしのぶ」という趣旨の国民の祝日で、
昼夜の長さがほぼ等しくなります。
涼しくなったかと思えば暑くなったり、
まだ泣いているセミの声を聞いて夏を感じることもありますが、
もうすっかり秋ですね。

最近、至る所でキンモクセイの香りがします。
キンモクセイの香りで秋の訪れを感じる人も多いのではないでしょうか。
キンモクセイの開花期は9月下旬から10月中旬で、
オレンジ色の可愛らしい花を咲かせます。
春に咲く「沈丁花(ジンチョウゲ)」、夏に咲く「梔子(クチナシ)」と共に
「三大香木」と呼ばれるほど強い香りを放ち、
その香りが遠くまで届くことから古くは「千里香」とも呼ばれていたそうです。
玉翠園のキンモクセイも花が咲きはじめています。
まだ少ないですが、十分良い香りが楽しめますよ。
お越しの際はどうぞ香りを楽しんでみてください。
皆さまのお越しをお待ちしております。
【翡翠園、玉翠園・谷村美術館HP http://gyokusuien.jp/
(R)


2017年9月18日月曜日

敬老の日


今日は敬老の日です。
聖徳太子が9月15日に「悲田院」を設立したという
伝説に由来すると言われています。
(現在は9月第三月曜日を「敬老の日」として国民の祝日になりました)
その後「悲田院」を光明皇后が平城京に設置したといわれ
10世紀頃まで続いていたと言われています。

谷村美術館では澤田政廣氏の彫刻作品が展示されている中で
光明皇后をモデルにした彫刻
「光明佛身」があります。

 ( 光明佛身 )

お顔立ちを見ていると優しい気持ちになれます。
美術館は村野藤吾氏による建築設計で作られ
各展示室は素敵な空間になっています。

翡翠園入口の彼岸花が咲きはじめました。



彼岸花をイメージして作られている「曼珠沙華」も飾られています。

(曼珠沙華)
是非ご覧になって下さい。

皆様のお越しをお待ちしています。

(I)




2017年9月15日金曜日

不老長寿

9月も中旬になり、ようやく暑さも和らいできましたね。
 
 
小さな秋が少しづつ感じられる今日この頃です。
 
谷村美術館入口回廊
 
 
谷村美術館出口回廊
 
 
明日からは3連休がスタート。
18日(月・祝)は『敬老の日』ですね。
 
敬老の日の始まりは昭和22年兵庫県野間谷村で
『老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう』と
9月15日に『としょりの日』として、
敬老会を開いたのが始まりと言われてます。
その後全国に広まり『としょりの日』から
昭和39年に『老人の日』に。
昭和41年に『敬老の日』と、改められ
今は第3月曜日となりました。
 
翡翠園にて
 
ヒスイは『幸運・成功・不老長寿』のパワーがあり
皆様、手で触れたり抱きついたりされていかれます。
 
翡翠園内のひすい原石
 
そして私たちは日頃から、おじいちゃんとおばあちゃんからも
パワーをもらっているのも確かです。
 
 
感謝を込めて・・・
皆様のお越しをお待ちしております。
 
(N)
 
【翡翠園、玉翠園・谷村美術館HP http://gyokusuien.jp/